手湿疹の症状ガイド

手湿疹で水泡ができる場合に使われる薬

手湿疹の症状が悪化すると、水泡がみられる場合があります。手の皮膚の乾燥が気になる程度であれば、ワセリンやハンドクリームで十分なハンドケアができますが、水泡がみられる場合は、自己判断でハンドクリームを塗るのではなく、皮膚科専門医の診察を受けて、処方される外用薬を用いて治療を受けることになります。

 

手に水泡ができる場合に、かゆみをともない爪でかきむしったりすると、爪や指から雑菌が侵入しやすくなります。水泡ができた場合、手の皮膚のバリア機能が低下していますので、極力触らないように心がけましょう。

 

手湿疹で水泡ができる場合に、医師から処方される外用薬には、保湿剤やステロイド系の外用薬などがあります。ステロイドというと、副作用の心配をする人も多いようですが、皮膚の症状や患者の体質などにより、弱いステロイドから強いステロイドまでいくつかの段階に分かれています。

 

最初から強いステロイド剤が処方されることは少なく、皮膚の炎症を抑えながら、免疫を適度に抑えるといった働きをしています。ステロイド剤の副作用を気にするあまり、1度に使用する量を減らしたり、1度に大量に塗ることがないように、必ず医師の指示に従い正しい使用法を心がけましょう。
野皮膚に水泡ができていても、症状が比較的軽症であれば、保湿剤とステロイド外用薬が処方されるのが一般的ですが、水泡ができていてさらに手の皮膚に亀裂が生じている場合は、リント布と亜鉛華軟膏などが処方される場合もあります。