手湿疹の症状ガイド

手湿疹で水泡ができることもあります

手湿疹にかかっていても、最初は単なる手荒れぐらいにしか思わず、ハンドクリームやワセリンなど保湿成分が含まれたクリームで対処する人が多いのですが、しばらくしてから水泡ができると、これはただの手荒れではないと気になるものです。

 

手湿疹は、その名の通り手にみられる湿疹のことであり、手に湿疹が出ていると同時に、体の他の部位に湿疹がみられることは、まずありません。ふだんから水仕事をしているので、手が荒れてかゆみを感じるぐらいであれば、あまり気にすることはないと思いますが、水泡ができると、皮膚の病気にかかっているのではと、そこで初めてあわてて皮膚科専門医の診察を受ける人も多いようです。

 

手湿疹の原因を特定するのは難しいと言われていますが、体中に存在する皮膚の中で、もっとも使用頻度が高いのが手の皮膚であることを考えると、水仕事をしているときに使用する洗剤や、手に触れる物などによる刺激が原因である可能性が高くなります。

 

手の皮膚に水泡がみられる場合は、ワセリンやハンドクリームで保湿成分を補給するだけでは、十分な対策ではないので、皮膚科専門医で処方される塗り薬を医師の指示のもとに正しい使用法を心がけて、こまめに塗っておくことです。

 

手がカサカサして乾燥している場合は、保湿成分が含まれたクリームを塗る程度で十分ですが、手にぶつぶつができた場合は、手を温めるのは逆効果で冷却してハンドケアを行います。そして、手の皮膚に水泡ができて、ジュクジュクした場合には、湿潤によるハンドケアが必要です。

 

ふだん、水仕事をしていて、とくに肉眼ではわかりづらいと思いますが、手の皮脂膜は水で流して洗うだけで、簡単にはがれ落ちてしまうと言われています。その後、皮脂膜を再生するまでには時間がかかります。水を使うたびに、皮脂膜がはがれることを考えると、手の皮膚のバリア機能が低下しやすくなっているということです。

 

手湿疹にかかりやすい人は、乾燥肌や敏感肌、アトピー体質やアレルギー体質の人が多いようです。手の皮膚に水泡がみられる場合は、水泡のしゅくじゅくした部分をつぶしたり、かいたりしないで、そのままの状態で皮膚科専門医の診察を受けて、早めの措置をしてもらうことが肝心です。